×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「沢松君は臆病ですね」
二人はフェンスを隔てたところに向かい合って立っていた。
一人はグラウンドの隅に、一人は木陰に。
遠くから聞こえるのは、集合を始めた部員たちの奏でる喧騒、頭上をから聞こえるのは鳥の声。
「・・・なんで?」
それらの音の合間をぬって木陰からの声が応える。
手に持ったカメラが、木の葉の隙間から差し込む日光を反射した。
口火を切った人物・・・辰羅川信二はそれをまぶしそうに見、また沢松に目線を戻す。
突如ぶつけられた解り易い悪意に、フェンスの向こうで沢松はただ眉尻を下げ口角を上げている。
「ほら」
ひときわ鳥の声
「そんな風に、他人に嫌なことを言われても困ったように笑うだけ」
そして、木々の葉がざわめく音。
「人と争うことが怖いですか?」
ピクリと沢松の表情が強張り、そして弱弱しい声。
「オレはね、戦わずして勝ってるんだよ」
という。

遠くから聞こえるのは部活の始まりを告げる声。
「それは嫌われることを恐れているんですよ何よりも。
  あなたが好きだと思っている人はもちろん、嫌いだと思ってる人にまで」
私に嫌われることすら怖いでしょう?という言葉を最後に投げつけ辰羅川だけがその中心へ向かう。
沢松はただ、区切られた柵の向こうで手にしたカメラを握り締めた。
フィルムも無駄に現像する写真もなくなった今、沢松がやっていることの証明は
その中に記憶された見えないCCDの積み重ねだけ。
真新しい銀色の箱、その中に収められるのはいつだって自分以外の輝く姿。




見守ることと傍観との違いが、沢松には未だよくわからない。








***

辰羅川と沢松は似ていて、似てるからこそ相容れないというのが持論です。