×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



♪♪♪

「ふぁ・・・も、もしもし大神です」
「当たり前でしょ、これ君の携帯なんだから」
「ユキ?」
「うん。寝てた?」
「そりゃ夜は誰でも寝るだろ・・・」
「早いよ。まだ12時前でしょ」
「オレはいつも10時には寝るんだけど」
「うん知ってるよ。寝る子は育つっていうからね」
「ユキは夜更かしばっかしてるからBIGになれないんだ・・・
 つーか知ってて電話したのかよ」
「うん」
「どした?緊急連絡か?」
「ううん。今日はエイプリルフールだったでしょ?。
 でも今日部活がなかったからさ。誰にも嘘をつけなかったんだ」
「・・・エイプリルフール?」
「四月バカだよ。だ か ら大神に嘘つこうと思って」
「・・・今『だから』の所でなんか嫌な含みを感じたぞ」
「ん?気のせいだよ」
「ふーん気のせいか」


「今のが嘘だよ」
「え・・・?てことはユキ、今やっぱオレのことバカにしたな!?」
「ううん、バカにしてないよ。僕は大神のこと大好きだからね」
「オレはユキなんてき・・・」
「大神、4月1日は、エイプリルフールだよ」
「う・・・」
「嘘をつく日だよ」
「ユ、ユキなんか・・・だ、大好きだチクショー・・・」
「・・・ぷっ、あははははっ」
「なんだよ、今日は嘘つく日なんだろ!?
  別に好きだから好きって言ったわけじゃ−−
「4月1日はね。誕生日おめでとう大神!」

ツーツーツー・・・



一方的に切れた通話の後、携帯の液晶を大神は呆然と見つめていた。
暗い部屋に浮かび上がる画面には

4/2(日)0:02という表示。

「あれ・・・0時って、2日?」

何度見ても4/2(日)時間は少し進んで0:03

「・・・ユキぃ〜」

自分のあの恥ずかしいセリフは、果たして昨日の出来事だったのか・・・
そんなこと考えるまでもないことで、大神は携帯を投げ出し乱暴に布団をかぶった。

無論、眠れるわけ無い。











***

どこで日付が変わったか、わかっていただけたでしょうか・・・。
とりあえず大神照の誕生日発覚を記念して!!!